書籍レビュー

キーボード・マガジン 7月号はTM NETWORK&EOS特集

更新日:

 

キーボード・マガジン 2012年7月号は、TM NETWORKの武道館公演レポート特集です。
 

キーボード・マガジン2012年SUMMER号表紙にTM NETWORKが登場! 巻頭アーティスト特集で、武道館ライブの模様を多数の写真とともに振り返るとともに、 機材レポート、小室哲哉単独インタビューを掲載!
引用元:TM NETWORK公式サイト

 

との事で、読みごたえのある特集になりそうです。

さらに!YAMAHA EOSシリーズの歴史を振り返る特集も。

EOS B700の開発に参加し、LAST GROOVEでサポートを務めた守尾崇氏、
B500の開発に携わった浅倉大介氏、
EOSコンテストでグランプリを受賞し、
現在もミュージシャンとして活躍する藤田宜久氏らのインタビューが掲載されます。

 

今になってこれだけのボリュームでEOSの特集が組まれるのは非常に珍しいと思います。
 

そしてもうひとつ、先日発売された新曲「I am」のスコア譜まで掲載!

さらにさらに! 特別ポスターまでついてくるそうです!!

ということで、7月号のキーボード・マガジンは
TM小僧ならマストバイな内容となっています^^

<追記>
予想以上に胸熱な内容だった件。

まずTM NETWORK武道館公演特集ですが、小室氏への単独インタビューはもちろん、
機材写真と詳細な解説は読みごたえ抜群。

そしてお得な予想外。

TM NETWORKの初期~現在までのツアーでの機材リストが掲載されてます(一部ライブを除く)。

 

中でもビックリだったのが、
公式から抹消された渋谷LIVE INNでの幻のファーストライブの機材リストが掲載!

そしてEOS特集。歴代EOSが並ぶ壮観な写真。

 

EOS特集では、守尾崇氏による歴代EOSの解説。初期に発売されたYS100/200やDS55の解説も。

 

EOS× TK Galleryでは、B500~B2000までに小室氏が登場した広告、ポスターがズラリ。
その数は圧巻。あ~あったあった!こういうの!って懐かし気分でお腹いっぱい。

 

その他、浅倉大介氏とEOS開発者による開発エピソードと、
EOS復活の可能性についてのインタビュー。

現役で活躍するミュージシャン11人へのアンケートでは、
EOSユーザーならみんな納得する「EOSあるある」なんて質問も。

 

そして裏面広告。

MOTIF XF8、MOTIF XF7、MOTIF XF6を購入すると、
YAMAHAシンセサイザーのプレミアム音色データが収録された「ヤマハビンテージサウンドコレクション2」入り
USBフラッシュメモリとフラッシュメモリーボード「FL512M」をプレゼント。
 
ってキャンペーンですが。

収録音色がEOS B2000, B900, B700, B500 の音を収録!!!!

 
って、うわぁ、これ欲しいなぁ…!
 
 

とまあこんな感じですが、
TM&EOSファンは買って損の無い内容になっています。

気なる人は、
中古でプレミアがついてしまう前に早めに買ってしまいましょう。

 

 

-書籍レビュー

Copyright© 小室哲哉シンセサイザー図鑑 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.