『Digitalian is eating breakfast』がBlu-spec CD2の高音質で再発売

 

『Hit Factory』と同日の7月17日、『Digitalian is eating breakfast』もBlu-spec CD2で再発売されます。

小室哲哉のEpic期オリジナル・アルバムを最新(2013年時)リマスター音源・高品質CDで再リリース。本作は、小室哲哉が1991年にリリースした初のソロ・オリジナル・アルバム。大ヒット曲「RUNNING TO HORIZON」「GRAVITY OF LOVE」他を収録。その後の音楽シーンにおける彼の実績と存在を予感させた作品。 (C)RS



当時、小室氏は『CDの音質ではシンクラヴィアの音を完全には出せない』と語っていましたが、今回のCDで少しはそのパワーが再現できるのでしょうか。


『OPERA NIGHIT』のEnsoniq VFXの音や、アルバム全体で聴けるTR-727の音がBlu-spec CD2の高音質でどう聞こえるのか、是非聴いてみたいところです^_^

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ


2013年5月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:DVD&CDレビュー

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ