E-MU Emulator II

TM NETWORKのサンプリング・サウンドの原点

使用時期:1985年~1987年

EmulatorII

image via:OMI E-MU Emulator II Universe of Sounds Volume 2 | Jim Atwood in Japan

1980年代初頭、現在では当たり前になった機能『サンプリング』はまだシンクラヴィアやフェアライトの専売特許であり、ごく一部のアーティストしか恩恵を受けることはできなかった。
1981年にE-MU社から発売されたEmulatorは、300万円とまだまだ高価ではありながら、多くのアーティスト達にサンプリングを身近にした。

サンプリングレートはサンプリングタイムは17.6秒と、現在のサンプリングの基準からすると決して長くはないが、
小室はレコーディング、ライブにおいてこのサンプリングタイムを最大限に活用した。

「Vampire Hunter D」「Your Song」「Dragon the Festival」等の楽曲で聞くことができる。

独特の野太くザラッとした音色が特に顕著のは「Your Song」等である。

実際のライブでもEmulator IIは使用され、「Dragon the Festival」のコーラスサンプリング等に活用された。

このサウンドライブラリーのデモからも分かるが、独特の力強さを持っており、
特にドラム音色のザラッとした感触は“Your Song”で聞けるあの質感そのままであることが分かる。

なお、記録メディアには5inch2DDフロッピーディスクを使用するが、Emulator用にフォーマットしたディスクが必要。
しかし既に生産はされておらず、Emu-Ensoniq社でもEmulatorはサポート外となっているため、
ディスクのストックや故障時のパーツの入手は困難となっている。

 

メーカー Emu Systems
発売年 1984年
鍵盤数 49鍵
サンプリング周波数 8bit
最大サンプリングタイム 17.6秒
同時発音数 8
定価 3,000,000円

 

●主なユーザー

クラフトワーク
ペット・ショップ・ボーイズ
ジェネシス
オービタル
ビリー・ジョエル
坂本龍一
ホッピー神山
難波弘之

 

●中古相場

約10万円

⇒ E-MU EmulatorⅡ の中古品を探す

 

●関連リンク

E-MU

The Emulator Archive (個人サイトだが、詳細な情報の他、各モデル用のパーツや純正OS等のソフトを販売)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ


2011年7月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:E-MU

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ