KORG KARMA

使用時期:2001年〜

karma
via:Korg Karma Synth Workstation | Jim Atwood in Japan

KORG KARMAは、KARMA(Kay Algorithmic Realtime Music Architecture)機能と呼ばれるアルゴリズムMIDIデータ生成機能を持ち、この機能がそのまま本機の名前となっている。
(※個人的にはカルチャークラブの『カーマは気まぐれ(Karma Chameleon)』が由来ではと思うのだが、実際のところは不明)

KARMA機能はミュージシャンのStephen Kayが開発したソフトウェアをシンセサイザー用に搭載したもの。
ノートおよびコードの入力、8つのコントロールノブを弄る事によって、リアルタイムでランダムシーケンスフレーズを生成、自動演奏する事が出来る。
80年代までは特別な楽器だったシンセサイザーが90年代後半からお手軽な楽器へと変貌していた折に登場したKARMA機能は、それまでのアルペジエイターとは一線を企した物で、その後のエレクトロ系音楽に大きな影響を及ぼした。

via:KORG KARMA Preview 2001 | YouTube

KARMA機能を使ったギターアルペジオ 小室がKORG KARMA を使用したのはglobeのアルバム『outernet』から。
KARMAで生成したシーケンスフレーズのMIDIデータをNord LeadやOB-8で鳴らしている。
その後、ソロアルバム『Digitalian is eating breakfast 2』の『Krayzie Bone & K-C-O’』のストリングスで使用する等、継続的に使用している。
KARMA機能は後年発売される同社OASYS、M3、KRONOS等に継承されている(生成のクセは実機のKARMAとは多少異なるらしい)。

 

メーカー KORG
発売年 2001年
鍵盤数 61鍵
音源方式 HI(Hyper Integrated)シンセシス・システム(PCM音源)、48kHz Sampling frequency、32Mbyte PCM ROM、425マルチサンプル+413ドラムサンプル、PCM ROMオプションによる拡張可(EXB-PCMシリーズ対応)
同時発音数 62ボイス(62オシレータ)(シングル・モード時) 31ボイス(62オシレータ)(ダブル・モード時)
定価 ¥198,450

 

使用アーティスト

Rick Wakeman, Phil Collins, Adam Holzman, Herbie Hancock, Peter Gabriel, Vangelis, Yes, Greg Phillenganes, Pete Townshend, and Keith Emerson.

 

参考文献

キーボードマガジン2001年10-11月号

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ

2014年7月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:KORG

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ