Oberheim Matrix-12

80年代を代表するシンセリード

使用時期: 1986 年~ 1988 年

image via:80’s洋物シンセ事情 Oberheim編 | matsudananda

Oberheim Matrix-12は厚みのある音色で、全盛期のTM NETWORKにおいてブラス音源として使用された。
アナログシンセサイザーならではの厚みのある音色は、TM NETWORKの『シンセサイザー・ポップ』を象徴するかのようなサウンドだった。
ライブでは小室ブースに置かれることはなく、裏方のリモート音源として使用されていた。

 

代表的なものとしては『Still love her』のイントロリフが分かりやすい。

(追記:12.09.19)
『Still love her』のイントロはMEMORY MOOGとの情報を頂きました。(情報提供:TKTK様)

Xpander2台分に相当する音源はデジタルで制御しているが、フィルタ構成や音源方式はアナログで設計されていた。
また、Xpanderを含むこれらの機種の最大の特長といえるモジュレーションパッチング機能は 内部コンピュータによってパッチングが可能で、
1音色につき合計20パッチ繋げられるので 使いこなせると複雑な音色を作ることができた。

エンベロープ等のモジュレーション部分はソフトウェアで制御しているため、音の立ち上がりが若干遅い。
その弱点を克服するためFM音源方式も搭載し金属系の倍音も出せたので、アナログシンセサイザーでありながら、
かなりのマルチスペックのマシンと言えるだろう。

独自の逆方向ピッチベンドレバーとモジュレーションレバーを採用している。

 

Oberheim Matrix-12と言って有名なのが、ヴァン・ヘイレン『Jump』冒頭のイントロである。
(訂正:12.09.19)『Jump』のイントロはOB-Xaでした。(情報提供:TKTK様)

 

メーカー オーバーハイム・エレクトロニクス
発売年 1984年
鍵盤数 61鍵
同時発音数 12音
定価 約50万円

 

●主なユーザー

イェンス・ヨハンソン
ジョーダン・ルーデス(ドリームシアター)
難波弘之

 

●中古相場

約30万円

 

●関連リンク

Oberheim Links(シンセサイザーを紹介する海外サイト。オーバーハイム製品のリンク集)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ

2011年6月22日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:Oberheim

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. TKTK より:

    ヴァン・ヘイレン『Jump』のイントロはOB-Xa
    STILL LOVE HERはMEMORY MOOG


コメントをどうぞ

このページの先頭へ