Roland

Roland JD-800

更新日:

TKサウンドのエッセンスを司る名機

使用時期:1991年~

小室哲哉がJD-800を使用したのは、1991年北九州スペースワールドで行われたソロライブ『Think of Earth』が初めて(情報提供 : てっつ様)。同年~1992年に行われたTMN EXPO ではショルダーキーボード“Tetsuya’s Mind Control”からギターのような音やフェイザーのかかったエレピがリモート演奏され、
その独特の音色はファンからの羨望を集めた。

小室ファミリーブームの際にはプリセット53番のピアノ音色を中心に、多くの提供楽曲でこのJD-800が活躍した。

パネルに並んだ沢山のスライダーが印象的なJD-800は、デジタルシンセサイザーでありながらアナログ感覚で音作りできることで支持を得た。

1993年には音源モジュール版であるJD-990が発売されており、JVシリーズのボードも使用できた。
JD-990が登場した1993年以降、JD-800と並行して使用されており、ライブではラックマウントされたJD-990が確認されている。

 

 

メーカー Roland
発売年 1991年
鍵盤数 61鍵
音源方式 PCM
同時発音数 24音
定価 300,000円

 

●主なプレイヤー

トニー・バンクス (ジェネシス)
ペット・ショップ・ボーイズ
リック・ウェイクマン

ケン イシイ
平沢 進(P-MODEL)

 

●中古相場

約5~6万円
⇒Yahoo!オークションでRoland DJ-800の中古品を探す

⇒イシバシ楽器でRoland JD-800の中古品を探す

 

●関連リンク

ローランド

 

-Roland

Copyright© 小室哲哉シンセサイザー図鑑 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.