Roland TR-727

TM NETWORK後期のユーロビートサウンドを創り出した名機

使用時期: 1986年~1991年

Roland TR-727

image via:www.klang-klinikum.de-equipment-klangerzeuger-RolandTR-727

TR-727は、1986年にRolandから発売されたTR-707のラテンパーカッションバージョンである。 
TR-727が初めて使用されたのは1986年のFANKS DYNA-MIXツアー。

TR-727の特色は、EmulatorⅡやSP-1200のように、12bitサンプルならではの野太い尖った出音の良さだろう。
理論上は24bitサンプリングの方が高音質なのだが、12bitの場合は高音域が削られるため、聴感上太い音に聞こえる。
これが80年代ユーロビートサウンドの、「カチコチ」「チャカポコ」したリズムトラックの秘密だ。

TR-727は、アルバム「Carol」以降、ユーロビートサウンドに傾倒するTM NETWORKの楽曲で顕著に使用され始める。
「Love Train」 「Dive into Your Body」 「THE POINT OF LOVER'S NIGHT」、小室ソロ「Opera Night」等でそのサウンドを聴くことができる。

Love Train

Opera Night

THE POINT OF LOVER'S NIGHT

 

下の映像では、TR-707で基本的なキックの音を出している。その後からTR-727でパーカッションの音が追加されていく様子が分かる。
TM NETWORK後期の作品や小室ソロ作品にTR-727が多用された事が容易に想像できるサウンドだ。

 

デリック・メイのSalsa life。
日本では全く評価されなかったTR-727をユーロビート・ハウスの名機まで昇華させたのは、彼らのようなデトロイトテクノ系のアーティストによる功績が大きい。

 

 

メーカー Roland
発売年 1986年
メモリー 64リズムパターン/4トラック/最大999小節
収録音源 HI BONGO/LOW BONGO/MUTE HI CONGA/OPEN HI CONGA LOW CONGA/HI TIMBAL/LOW TIMBAL/HI AGOGO/LOW AGOGO CABASA/MARACAS/SHORT WHISTLE/LONG WHISTLE QUIJADA/STAR CHIME
定価 99800円

 

●主なユーザー

デリック・メイ
ルーク・ヴァイバート
フレディ・フレッシュ
エイフェックス・ツイン
TRAX

 

●中古相場

約4万円

●関連リンク

Roland
http://www.roland.co.jp/

TR-727 オーナーズ・マニュアル
http://www.roland.co.jp/support/article/?q=manuals&p=TR-727&id=1808872

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ

2011年9月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Roland

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ