【声ネタ解説】Just like Paradise(studio ver.)

“Just like Paradise”は にリリースされたTMNのアルバム『EXPO』に収録されている楽曲。
それまでの音の博覧会というコンセプトで制作されたアルバムの“ハウスパビリオン”という枠に当たる。
従来のTMNでは聴くことがなかったハウスサウンドに仕上がっている。

 

声ネタ解説

“Just like Paradise”の中で印象的な“That’s right!”のフレーズはSilver Convention 『Get Up and Boogie』(1976)からサンプリングされている。 (0:18~)

 

Silver Conventionは1975年にプロデューサーMichael KunzeとSilvester Levayによって
ミュンヘンで結成されたディスコグループ。
『ミュンヘンサウンド』とも呼ばれる彼らのサウンドは、
昨今では定番とされるストリングスや覚えやすいフレーズのくり返しなど、
ディスコサウンドの基礎を築いたグループで後のディスコブームの火付け役となり、
同じミュンヘンサウンドとしては1979年にデビューした「ジンギスカン」などが有名。
「Get Up And Boogie」は全米でもNo.2のヒットとなった。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. アンディ より:

    SPEED2の主題歌をREMIXしたじゃないですか。あれはアメリカなどの日本以外の映画館またはDVDでも小室のREMIXが流れてるんですか?

  2. アンディ より:

    原曲と聞き比べたんですけど、一応REMIXとなってますけど、似てないですよね?全く新しい曲となってる気がするんですが、どう思いますか?

  3. tico より:

    日本以外で使われているかどうかは、私も気になっていました。
    結局の所は今のところ、ちょっと分からないです。

    REMIXに関してはTK以外でもそうなのですが、『別の曲じゃん!』と突っ込みたくなるようなリミックスって多いので、
    この部分もちょっと何とも言えないです。
    すみません。

    近日掲示板を開設する予定ですので、もし良ければそちらの方でも聞いてみてください。
     

  4. Kouichi より:

    この曲は好きなんですが、”That's right!”は、サンプリングだったということを、最近知りました。
    コーラスを重ねて録ったのかと思ってました。Synclavierで録りこんだんですかね?
     
    リズムマシンは、TR-808や909の実機リズムマシン(アルバムのクレジットにて)なんですかね?
    久保こーじさんがブログで仰ってましたが、「LOVE TRAIN」のパーカッション部分は、TR-727で使っていたみたいですね。
     
    リズムマシン、良いですね。

    • tico より:

      Kouichiさん

      私もてっきりオリジナル録音だと思っていました。
      tittwerでフォロワーの方からのご指摘もあり、サンプリングCDで素材を確認した次第です。
      (どのサンプリングCDに入ってるかは分からなくなりました…)

      リズムマシンは多分実機だと思います。
      音だけでは確認する術が無いですが、雑誌の機材インタビューでは実機が写っていますので。

      TR-727、いいですよね。
      単体で鳴らすだけでも気持ちよさそうです。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ