【声ネタ分析】trf『ON MY WAY』

 

『ON MY WAY』はtrfの2ndアルバム『EZ DO DANCE』に収録されている楽曲。

0:05秒から断続的に鳴っている「フッ!」というかけ声は、初期のtrfでよく使われた。
今回はこの声ネタの元ネタを紹介する。

 

元ネタはGrace Jonesの『Slave To The Rhythm』 (1985)。
しかし厳密には元ネタはオリジナル音源ではなく、アカペラ盤(クラブDJ用に発売された、ボーカル音源のみ収録したバージョン)に収録されている。

同音源のアカペラ盤はクラブDJ用に作成されたトラックのためか、アカペラというよりリミックスのような構成になっている。

 

このアカペラ盤『Slave To The Rhythm』からは、trfのファーストアルバム『THIS IS THE TRUTH』 
収録の『THIS IH THE JOY』で幾つかの声ネタがサンプリングされている。

 

なお、この声ネタはYAMAHA EOS B700のプリセットにも収録されている。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. アンディ より:

    またいくつか質問させて頂きたいのですが、
    1.トランスのときシンセサイザー以外に。ツマミが沢山ついてるでかい機械はなんですか?
    2.コーラスのときいくつ声を重ねているんですか?
    3.トランス(Love againやtry this shootなど)のときギター弾いてるんだけど全然ギターの音が聞こえないんですが(聞こえるところもある)、弾いてるんでしょうか?

  2. アンディ より:

    日本語が変でした。
    1.トランスのときシンセサイザー以外に、ツマミが沢山ついてるでかい機械を使ってるんですが、あれはなんですか?
    3.トランスのときギターを弾いてるんですが、明らかに聞こえません。あてふりでしょうか?

  3. tico より:

    >アンディさん

    1>ツマミが沢山ついてるでかい機械
    おそらくミキサーの事を言われてるのだと思います。
    曲の各パートの音量、イコライジング、エフェクトをリアルタイムで変えるために使用します。

    2>
    2〜3声重ねるのが一般的です。
    ただ、聴感上は2〜3声で聞こえても、声が細い人は、太く聞かせるために何声も重ねる場合もあると思うので、小室さんが何声重ねてるかはデータとしてはちょっとわかりません。
    聴いた感じでは2〜3声だと思います。

    3>
    テレビではアテフリだと思いますけど、ライブの場合は聞こえないだけで
    弾いてるんじゃないかなぁとおもいます。
    音を聞かせる為というよりは、パフォーマンス的な意味合いで弾いてると思うので、
    だから音が聞こえないんじゃないでしょうかね?

  4. アンディ より:

    丁寧にありがとうございます(^^)/


コメントをどうぞ

このページの先頭へ