TONE2

TONE2 ELECTRA2

更新日:

PADで威力を発揮するマルチレイヤーシンセサイザー
使用時期:2014年〜

tone2_electra2_screen490

via:Tone2 Electra2 synthesizer coming early July

ELECTRA2はTONE2から発売されているソフトウェア・シンセサイザー。
同社から発売されている「ELECTRAX」 のアップグレード版にあたる。

ライブ「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」のメインPAD音色に使用している事を小室氏自身がTwitter上で明らかにした。

その他、アルバム「QUIT30」収録「Alive(TK Mix)」のサンプリングボイス等でも使用されている。

via:YouTube

ELECTRA2はTONE2社が「シンセならELECTRA2さえあれば他に必要ない」と謳っているように、パワフルで幅広いシンセシス機能を持つ。

最も特徴的なのはマルチレイヤーシンセサイザーと呼ばれる構造。レイヤー化された4基のシンセサイザーがタブごとにエディットできる構成となっていて、波形エディット、インサーションエフェクト、アルペジエイター等、音色作りに必要なパネルが一元的に管理出来る。

シンセサイザー4基分のサウンドは(作り方にもよるが)複数のハードウェアシンセサイザーをレイヤーした時に似た深みを持つ。
この特性が小室氏がPAD音色としてチョイスした理由ではないだろうか。

さらに音源部分では、ヴァーチャルアナログ音源の他、FM音源も搭載。
(若干チープな印象はあるが)生楽器やゲーム風チップチューンサウンドも収録されているので、EDM系に限らず幅広いジャンルに対応出来るだろう。
また、ユーザーが用意したWAV波形のインポートも可能と、マルチな仕様となっている。

via:YouTube

メーカー TONE2
発売年 2014年
音源方式 ヴァーチャルアナログ/FM音源/リシンセシス機能(ユーザー波形取込み対応)
対応プラグイン VST/AU/スタンドアロン
定価 約18,000円

使用アーティスト

調査中

The following two tabs change content below.

tico

-TONE2

Copyright© 小室哲哉シンセサイザー図鑑 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.