YAMAHA VL-1

物理演算音源の草分け的存在

使用時期 : 1995年

1993年に発売されたYAMAHA VL-1は、バーチャルアナログ音源を搭載したシンセサイザーである。
同機はtrfのシングル『masquerade』(1995年2月1日発売)のイントロ部分のギター音色として使用された。

改めて聴いてみると、これはVL-1ではなくRoland JD-800ではないかと個人的には思うのだが、
当サイトTwitterのフォロワー様から
『masqueradeの曲披露でTV出演の際、DJ KOOが使用していたのでVL-1説が通説となった』との情報を頂いたので、
その通説が正解との前提で記事を進めさせて頂く。

YAMAHA VL-1は管弦楽器の構造を内部演算する事により、PCM音源よりリアルな管弦楽器の音を再現出来た。
最大の特徴は、『笛のように吹けるピアノ』『トロンボーンの管がついたギター』のような、仮想の楽器を作り出せる事だ。

『バーチャルリアリティ』というキーワードが流行っていた世相に合ったコンセプトで鳴り物入りの登場ではあったが、普及には至らなかった。
原因としては価格が高価であった事に加え、聴感上のインパクトがあまり無かった事だと考えられる。

DX-7発売当時程の感動をおそらく誰も抱かなかったし、
VL-1でしか作れない、かつ時代を象徴するサウンドを誰も作り出せなかった事も普及に至らなかった原因の一つだったのではないかと思う。

なお、VL-1登場の1年後の1994年、VP-1が登場する。
VP-1は『LAST GROOVE』『Avex dance Matrix ’95 TK DANCE CAMP』で使用された。

メーカー YAMAHA 
発売年 1993年 
鍵盤数 49鍵
音源方式 S/VA
同時発音数 2音 
定価 470000円 

 

使用アーティスト

浅倉大介
DJ KOO
坂本龍一
藤井麻輝(ソフトバレエ/SUIREN)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ

2013年2月5日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:YAMAHA

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. Kouichi より:

    小室さんは、VP-1を持っているイメージがありますね。
    エグイサウンドが良いです。
    TM NETWORKのファイナルライブの攻撃的なシンセが良いです。

    なお、VL-1は、MISIAや中島美嘉などを手掛けた冨田恵一さん、いきものがかりや福山雅治さん、寺尾 聰さんを手掛けた井上 鑑さんが所有してますね。

    また、シンセを取り上げてほしいです。
    リクエストとして、KORG TRINITY, KARMA, Roland Fantom-Sです。
    時間の余裕がありましたら、お願いたします。

    • tico より:

      >Kouichiさん

      確かに。小室さんがVL-1を使っている所も見た事ないですしね。

      使用アーティストの情報提供、ありがとうございます。記事に追加させていただきます。

      リクエストもありがとうございます。
      今、CP-80の記事を書いてますので、それ以降になるとは思いますm(_ _)m


コメントをどうぞ

このページの先頭へ