YAMAHA TX-816

 

TMサウンドを支えた影の立役者

使用時期:     1986 年~ 1989 年

TX816はDX7を音源ユニット化した『TF-1』を8台搭載した音源モジュール。
ラック音源という性質上、ライブでは表舞台に登場することは無かったが
『TM NETWORK = YAMAHAのFM音源』というイメージが強かった時代のサウンドは
ほぼこのTX816の功績といっても過言ではなく、86年のライブ『FANKS DYNA-MIX』から使用された。

単純にレイヤーさせるだけではなく、
音色パッチを工夫することによって、アタック、ディケイ、リリースを各々のTF-1に担当させるという音作りも可能で、DX7だけでは出せない音圧と表現力を持っていた。

音色データはDX7から、もしくはコンピュータでプログラミングしたものをMIDI経由で流す仕組みとなっている。

 

 

メーカー YAMAHA
発売年 1984年
鍵盤数 0
音源方式 FM音源
同時発音数 16音×8
定価 934,500円

 

●主なユーザー

向谷 実(CASIOPEA)
デヴィッド・ペイチ(TOTO)

 

●中古相場

約3万円

⇒YAMAHA TX-816の中古品を探す

 

●関連リンク

YAMAHA

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年6月18日 | コメント/トラックバック(3)|

カテゴリー:YAMAHA

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] YAMAHA TX816へサンプリングされたものだとする説もある。 […]

コメント

  1. 匿名 より:

    中古相場高過ぎませんか?

    • tico より:

      >匿名さま

      ご指摘ありがとうございます。
      表記の仕方ヘンでしたね。。。

      修正させていただきましたm(__)m


コメントをどうぞ

このページの先頭へ