KORG WAVESTATION

TMNの個性を演出した個性派シンセサイザー

使用時期:1990年~1994 年

wavestation

image via:KORG MUSEUM|KORG INC.

1990年に発売されたKORG WAVESTATIONは、非常に短い波形を最大32ステップ連結させることによって独自の音色を作り出す『ウェーブ・シーケンス機能』を採用したシンセサイザー。
波形の長さ、音程、ループさせる位置を調整する事が可能で、ステップ連結だけで複雑な音程やリズムを作り出すことができた。
指一本でシーケンスが再生できるその機能は多くのアーティストに支持され、その思想は後に登場するKARMAにも受け継がれている。

 

アルバム「RHYTHM RED」では“WORLD’S END”のイントロその他で独特なWAVESTATIONの音色が確認できる。

終了ライブ『4001 GROOVE DAYS』ではラックタイプのWAVESTATION A/DがProphetVSの代用として使用されている。

 

 

メーカー KORG
発売年 1991年
鍵盤数 61鍵
音源方式 PCM波形,ウェーブ・シーケンス波形
同時発音数 32
定価 210,000円

 

 

●主なユーザー

ジョーダン・ルーデス(ドリーム・シアター)
トニーバンクス(ジェネシス)

 

●中古相場

約20,000円

⇒ KORG WAVESTATION の中古品を探す

 

●関連リンク

コルグ・ミュージアム
KORG WAVESTATION (KORG Legacy Collection)

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ

2011年7月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:KORG

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ