Pearl PolySensor

小室哲哉の下積み時代を支えたストリングス・シンセサイザー

使用時期:1982~1983年(推定)

image via:ビンテージシンセサイザーもろもろのお話

TM NETWORKとしてデビューする前の小室哲哉は、 白竜、あのねのね、原田真二、角松敏生など、さまざまなミュージシャンのバックバンドやレコーディングをこなしていた。 そんな時期の小室の、ライブでのメイン機材がこのPearl PolySensorである。

 

Pearl PolySensorは、ドラムメーカーそして有名なパールから1982年に発売されたストリングス・シンセサイザーである。 64種のボイスをプリメモリーし、従来のアナログシンセサイザーとは異なり、フィルターを使用せず波形を直接編集して音色をエディットできるDWS-II方式を採用。従来よりリアルな音色を作り出すことができ、独特なアタック感を持っていた。

 

メーカー Pearl
発売年 1982年
鍵盤数  61鍵?
音源方式 DWS-II
同時発音数 8音
定価 490,000円

 

●主な使用ユーザー

厚見玲衣

 

●中古相場

不明

 

●関連リンク

Pearl

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ

2011年6月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Pearl

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ