YAMAHA

YAMAHA DX7

更新日:

80年代ミュージックシーンはDX7とともに

使用時期:1984 年~1987 年

image via:ヤマハ・DXシリーズ - Wikipedia

アナログ全盛であった当時において、ベロシティを搭載したデジタルシンセサイザーDX7はエポック・メイキング的な存在であった。
FM音源特有のキラキラしたエレピやブラスのサウンドは世界中のアーティストに受け入れられ世界的にヒットし、80年代のサウンドの大部分がDX7の色に染められた。
小室哲哉もその例に漏れず、デビューしたばかりのTM NETWORK ではDX7がふんだんに使用される。

 

 

DX7の音色はTM NETWORK『金曜日のライオン』のイントロ、
象の鳴き声を連想させるSEやシンセブラスで顕著に聞くことができる。

『愛をそのままに』イントロのグレムリンの声のようなシンセパッドもDX7による音色。

 

以下の動画を見ると80年代音楽で聞き覚えのある音色が次々と繰り出され、
いかに80年代のミュージックシーンがDX7とともに歩んできたかがよく分かる。

日本国内ではTOM★CATのヒットによるDX7の姿が印象深い。

 

また、JRの発車メロディーはDX7で作られており、現代の生活にまで浸透したシンセサイザーと言える。

 

DX7の音色は現在でも各メーカーのシンセサイザーで採用されいる。
DX7とハッキリ明記されていないにしろ、DX7からサンプリングしたと思しき音色を聞ける場合がある。

余談ではあるがボーカロイド初音ミクの衣装デザインはDX7がモチーフとなっている。
これは初音ミクのエンジンがYAMAHAのVocaloid2である事に由来する。

 

メーカー  YAMAHA
発売年 1983年 
鍵盤数  61鍵
音源方式 FM音源
同時発音数 16音
定価 24万8000円

 

●主なユーザー

TOM(TOM★CAT)
坂本龍一
田口智治(C-C-B)
小田和正(オフコース)
武部聡志
デヴィッド・ブライアン(BON JOVI)
ブライアン・イーノ
TOTO
スティービー・ワンダー
ドナルド・フェイゲン
ダリル・ホール

 

●中古相場

15,000~20,000円

⇒ YAMAHA DX-7 の中古品を探す

 

●関連リンク

DX7のデザインについて

 

-YAMAHA

Copyright© 小室哲哉シンセサイザー図鑑 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.